ローターの間違った使い方

2022年4月11日

ローターの間違った使い方

安くて小さくて手軽に使えるラブグッズの王道アイテム「ローター」

ですが、間違った使い方をすると故障・感電・怪我の原因になるかも…。

この記事では、ローターの間違った使い方をご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね♪

ローターの間違った使い方

ローターでやりがちな、間違った使い方はこちら。

  • コードを引っ張る
  • 膣やアナルに挿入して使う
  • 長時間連続して使う
  • 防水タイプじゃないのにローションをつける

さっそく、1つずつ詳しく解説していきますね。

ラブグッズ全般の間違った使い方も併せてチェックすると安心ですよ♪

また、ラブグッズの上手な使い方を人気AV男優「ムーミン」さんが解説してくれています。

こちらも参考にすると、ローターでもっともっと気持ち良くなれますよ♡

コードを引っ張る

ローターのコードを張り詰めた様子

ローターの振動部と操作部をつなぐコードを引っ張ると、電線が切れて故障してしまいます。

とくに、格安のローターのコードは極細なので注意!

よくあるのが、ローターを使用中に姿勢を変えた時、ビィーンっと引っ張られることがあります。

片手に振動部を持ち、もう片手に操作部を持って使うようにしましょう。

膣やアナルに挿入して使う

ローターを膣に挿入するのはNG

ローターは基本的に膣やアナルに挿入できません。

防水タイプでないローターだと故障感電の原因になります。

リッチローターの電池ケースがゆるい画像

また、ローターのつなぎ目が段差になっていることもあり、膣内を傷つける可能性も…。

防水タイプで、つなぎ目のないシリコン製のものなら挿入できますが、バイブを使った方が気持ち良くなれますよ。

長時間連続して使う

ローターと時計

ローターを長時間動作したままにすると、本体が熱を持って危険です。

とくに、電池式は数時間も動作し続けるので使わない時は電源を切りましょう。

防水タイプじゃないのにローションをつける

ローターにローションをかけようとしている様子

防水タイプじゃないローターにローションをつけると、水気が入り込み故障感電の原因になります。

また、付着したローションを拭き取るのも大変ですし、濡らさずに使うのが基本。

使用後はラブグッズ専用クリーナーや除菌タイプのウェットティッシュで清潔にしましょう。

ローターの性能をチェック!正しく使って気持ち良く♡

ここまでローターの間違った使い方をご紹介しましたが、ローターの性能によっては挿入できたり水に濡らせたりできます。

使用上の注意が少なく、いろいろな楽しみ方ができるローターを少しだけご紹介しますね。

CICI(シシ)の商品画像SVAKOM
CICI
さくらの恋猫ぬくぬく 商品画像さくらの恋猫
NUKUNUKU
プチドロップの商品画像プチドロップ ハニーローター サティスファイヤー・ミニ商品画像Stisfyer
mini
2wayラブローターの商品画像2way
ラブローター
ペニーズターボの外装箱ペニーズローター
コードレス ×
膣への挿入 × ×
防水タイプ
レビュー 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

高級ラブグッズブランド「SVAKOM」や「Satisfyer」のローターはさすがの高性能!

挿入OK、防水タイプも完全防水で水没もOK。

それ以外のローターは生活防水なので水洗いまでならOKです。

mygoodsでは、おすすめローターのランキングもしていますので、こちらもぜひチェックしてみてください♪

ローターの間違った使い方 まとめ

ローターと言えば「ピンクローター」というのは、もう古いかもしれません。

最近のローターはコードレスの充電タイプで、肌触りの良いシリコン素材で防水タイプのものが多いんです。

ここでご紹介した、間違ったローターの使い方が当てはまらないこともあります。

ですが、いずれにしても製品の説明書や使用上の注意をしっかり読んで、トラブルがないように安全に、そして気持ち良くローターを楽しんでくださいね♡