ICピンクローター

ICピンクローター アイキャッチ画像

ローターといえばスイッチを入れて、一定の強さでブルブル震えるラブグッズ。

LCラブコスメの『ICピンクローター』は、IC制御によって振動のパターンを切り替えることができる新しいタイプのローターです。

『ICピンクローター』とは?

ICピンクローターは簡単にいうと…

振動パターン機能があるピンクローターです。

ただブルブル振動するだけじゃなく、予期せぬ振動の変化を楽しめるワンランク上のピンクローター、それがICピンクローターです。

機能スペックの説明

ICピンクローターの機能スペックを表にまとめたので参考にしてみて下さい。

商品画像 LCピンクローターの商品画像
全長5.5cm
太さ2.5cm
コード長さ62cm
重さ81g
素材プラスチック
防水性能なし
振動調節3パターン
電源単三電池×2本
※マンガン電池推奨
騒音量最大54db

おすすめポイント

ピンクローターと100円玉の大きさ比較

ICピンクローターはLCピンクローターと同じサイズのローターです。

サイズ感は上の画像の通り、10円玉を二つ並べたくらいの長さ。太さは10円玉よりもひと回り大きいくらいです。

シンプルで使いやすい

ICピンクローターの操作方法

コントローラーとローター本体でつながっているコードの長さは約62cm。コードにゆとりがあるので、コードが体にまとわりつくような不快感はほとんどありません。

操作方法はボタンを押すたびに振動パターンが切り替わり、緩急をつけた刺激で高揚感も波打つように高まっていきます。

単三電池2本で振動

ICピンクローターの電池ソケット部

ICピンクローターは単三マンガン電池2本で動作します。プラスとマイナスの極性を間違えないようにしましょう。

アルカリ電池を使用すると、パワーが強すぎて故障の原因になりますので、使用しないようにしましょう♪

4つのアタッチメントで別の快感

ICピンクローターにラブフルーツバスケットをかぶせた様子

プチドロップで使用できるアタッチメント『ラブフルーツバスケット』はICピンクローターにも使えます。

ICピンクローターの本体にラブフルーツバスケットをかぶせれば、リンゴ、ブドウ、パイン、ドリアン、それぞれの形ならではの刺激を楽しむことができるようになります。

ICピンクローターは振動の強さを調節できないので、ラブフルーツバスケットをかぶせることで振動の強さが緩やかになり使いやすくなります。

関連記事

水色の涙のような形をした「LCラブコスメ」のローター『プチドロップ』バスタイムでも使える生活防水ローターで、音も静か。使い方も簡単。そして4種類のアタッチメント『ラブフルーツバスケット』で刺激の変化を楽しめるラブグッズです。高品質なラブ[…]

プチドロップ アイキャッチ画像

使用した感想

ICピンクローターの振動は3パターン。

  • 「ブブブブブブブブブ」という小刻みな振動
  • 「ブィンブィンブィン」という波打つような振動
  • 「ブィーーーーーーー」という連続した振動

どれも振動が強めでした。

私は弱めの振動が好みなので、私にとっては刺激が少し強すぎて、デリケートな部分がピリピリしました。

ラブグッズ初心者や敏感な人にとっては、振動の強さがマッチしないローターでしょう。

逆に強めの振動ほど気持ちイイと感じる人にとっては、かなり満足できるローターといえます。

またパートナーに使用してもらうのにも向いています。イクまで刺激し続けるような使い方ではなく、前戯のワンシーンに取り入れれば気持ちの盛り上がりに良いアクセントを加えてくれるでしょう。

ICピンクローターと似たローター

ICピンクローターと似た商品に『LCピンクローター』があります。

二つのローターにどんな違いがあるのか比較してみました。

商品画像LCピンクローターの商品画像LCピンクローターの商品画像
商品名ICピンクローターLCピンクローター
長さ5.5cm5.5cm
太さ2.5cm2.5cm
コード長さ62cm62cm
防水性能非防水非防水
振動の調整3パターンダイヤル式
無段階調節
動作音量54db58db
電源単三電池×2本単三電池×2本
価格1,246円613円

二つのローターが異なるところを黄色く塗りつぶしました。

  • 振動の調整
  • 動作音量
  • 価格

LCピンクローターが振動の強さを調節できるので、ラブグッズ初心者からアドバンスユーザーの期待に応えられるローターです。

いっぽうでICピンクローターはラブグッズの刺激に慣れている人やカップルで使用したい時に使いたいローターです。

動作音量はほとんど差はありませんでした。

55db前後は少し賑やかなレストランほどの騒音量です。

IC制御しているからか、ICピンクローターの方が価格が高くなっています。

ICピンクローター検証レビューまとめ

ICピンクローターは「振動パターンの切り替え機能がついたローター」でした。

コードが長く、操作も簡単でとても使いやすかったです。

3つのパターンのどれも振動は強め。強い刺激が好みのユーザーにとっては満足できるローターですが、敏感なユーザーにとっては不向きです。

カップルで使用すると盛り上がるローターだと思います。

ローターのレビューの最新記事8件