ピンクアングル

ディルド未経験な私がピンクアングルを実際に使って検証!

ピンクアングルを実際に購入して徹底的に検証しました

中イキが未経験の女性はオナニーの時も膣内で感じることが大切。膣内の感度磨きならバイブかディルドの2択です。

でも…ディルドってちょっと怖いですよね。彼のペニスなら大丈夫なのに、ディルドとなると迫力があって、ちょっとグロテスクで嫌悪感があるイメージの女性って多いはず。

でも女性による女性のためのラブグッズメーカー「LCラブコスメ」のピンクアングルは色も形も可愛くて、嫌悪感がまったくありません!でも、やっぱりディルドって怖い…!

ラブグッズの魅力に目覚めて中イキができるようになった私が、ピンクアングルでディルドデビューしましたので検証&レポートしました!

ラブグッズ商品検証の様子

すべての商品を実際に使用して
証・レビューしています!

mygoodsでは実際に商品を使わないと分からない商品の特徴や使用感などを伝えることで、購入する価値があるかどうか、ラブグッズ選びのお手伝いをします。

検証について詳しくは「mygoodsとは?」をご覧ください。

ピンクアングルってどんな商品?

ピンクアングルは名前の通り、ディルドっぽくない蛍光ピンクで、こけしのような形をしたディルドです。

ディルドの中に仕込まれている関節をポキポキ曲げることでディルドの角度や反り返りを自由に動かすことができるのが特徴です。

素材は医療現場でも使用される安全性の高いエラストマーで、プニプニと柔らかくて触り心地が良いので挿入への抵抗感はあまり感じませんでした。

ピンクアングルの商品画像

ピンクアングルのスペック

本体サイズ:15.5cm(挿入部:13.5cm)
頭部最大径:約3.7cm
素材:本体/エラストマー、吸盤部分/シリコン
(コンドームとローションの併用を推奨)
対荷重:約4.5kg(mygoods実測値)
その他:非防水
(水中で利用すると品質が劣化する可能性がある)

ピンクアングルの良い点と悪い点

ピンクアングルを実際に使用して検証をして分かった、良い点と悪い点をまとめてみました。

ピンクアングルの良いところ

  •  デザインがかわいい
  •  肌触りが良く、柔らかい
  •  吸盤の吸着力が強く、ズレない
  •  ディルドの角度を変えることができる

悪い口コミ

ピンクアングルの悪いところ

  •  滑りが悪いのでローションとゴムがないと挿入が難しい
  •  先端が太くて入れにくい
  •  使用中に角度が変わってしまうことがある
  •  清潔に保てないとカビが生える

悪い口コミ

ピンクアングルは他のディルドに比べてデザインがかわいいので、嫌悪感や抵抗感があまりありません。

肌触りも柔らかさも良くてデリケートゾーンに優しい作りになっています。

ディルドの角度が変えられるのも良いところ!ピンクアングルの反り返りを調節することで、気持ち良い部分にピンポイントで刺激できます。

2回分のコンドームとローションが付属していた!

ピンクアングルの同梱品
ローションとコンドームが付属

ピンクアングルの最大のネックは太さ!なかなか太めなので、膣口が狭い女性は挿入で手間取る可能性があります。

それに触り心地が良いものの、滑りが悪いのでローションは絶対に必須です!

そのまま挿入すると危険です。

それを見越してか、ピンクアングルの箱の中にコンドームとローションが2回分付属してありました。ローションはLCハーバルローション!ローションの中でも結構グレードが高いやつ!

 

さやか
LCラブコスメさんのカユい所に手が届くような心配りに感謝♪
普通のローションって膣内に使えないの知ってました?

最近知ったことなんですが、普通のローションは肌に塗る用であって、本当は膣の中には使えないそうです。あの有名なペペローションも膣内に使うのは、あまりおすすめできないと皆川まりもちゃんから教えてもらいました。

LCハーバルローションは膣内にも使える数少ないローションの1つで、アロエとかハチミツが配合されているオーガニックなローションなんですって!

水洗いできるけど専用クリーナーでのお手入れが必要かも

保管していたらカビが生えたなんていう口コミも多数ありました。
確かにカビが生えそうな質感しています。

吸盤と本体の接続部分が洗いにくいので、綿棒や清潔な歯ブラシを使って洗浄する必要があります。

機械ではないので水で丸洗いできますが、水につけるとピンクアングルの関節部分まで水気が侵入してしまい清潔に保つのが難しくなってしまいます。

ピンクアングルを使う時はコンドームをかぶせた方がお手入れが簡単になります。LCラブコスメからピュアウォーターph12というラブグッズ専用クリーナーが売っているので、そちらを使った方がお手入れが格段に楽になります。

ピュアウォーターph12は化学薬品を一切使用していない電解水で、除菌、洗浄ができる安全な”水”なので膣に挿入するラブグッズのお手入れには最適なのでおすすめです。

ピンクアングルがおすすめな人

  •  膣内の感度磨きがしたい人
  •  騎乗位の練習をしたい人
  •  電動のラブグッズを使いたくない人
  •  膣内が感じる人
  •  太めのサイズが好みの人
ピンクアングルはかわいい見た目に反して、先端は結構太めなのでディルドを初めて使う女性にとってはハードルがやや高めです。先端がプニプニしているのでローションをしっかり塗布すれば入れることはできるはずですが、挿れる瞬間は少し痛みを感じる方がいるかもしれません。

騎乗位の練習って普通できない

ピンクアングルは中で感じつつ、騎乗位の練習として最適のラブグッズです。体位の練習って基本的にできないものだと思っていました。いつも本番なので、騎乗位で自分が気持ちよくなるためのピストンや腰の動きが練習できるって結構ありがたいです。
騎乗位で頑張っているけど動きがぎこちなくて、彼が早々に体位を変えてしまうなんて経験ありませんか?
sayaka
彼が突然起き上がって強制的に正常位になってしまった時の切なさよ…
事前にピストンや腰の動きを練習できれば、騎乗位で彼をもっと悦ばせることができるようになると思います。
例えばピンクアングルを使えば、どんな姿勢なら一番気持ちいいか、どんな姿勢が動きやすいかが分かるようになります。
  • ヒザ立ちでピストンするのと、M字開脚でピストンするのはどっちが楽で動きやすいか。
  • 腰を前後にスライドしたり、8の字に動かしたり、腰をひねったりする動作をぎこちなくならずにできるか。
  • 体を垂直に立てる、彼に抱きつく、背中を反らせるなら、どの姿勢が一番気持ち良いか。

騎乗位の練習と言いながら、しっかり快感は追求したいもの。私は自分が気持ちよくなれるポイントを探しながらピストンを頑張ってみました。

ピンクアングルのレビューで多かった疑問に答えます

ピンクアングルの販売は公式サイトであるLCラブコスメかAmazonでしか現状では購入できない状態です。寄せられたレビューも数少ないのですが、そのほとんどが公式のLCラブコスメに掲載されているものです。

そんな口コミやレビューがステマなのか、サクラによる書き込みなのか。私が実際にピンクアングルを使ってみて確かめてみました!

 こんなんで騎乗位の練習になるの?
なります!!
これはガチで練習になったと実感できました。
腰の動きやピストンのしやすい姿勢を探しながら楽しめるので、男性とのセックスで魅惑の腰つきで攻められるようになります。
 大きくて入らないという口コミを見かけます
膣口の大きさは個人差があるので、挿入のしやすさや膣内の圧迫感はそれぞれ感じ方が違います。
でも、実際に使った感じペニスが入ればピンクアングルも入るはず。見た目は確かに太く見えますが、先端がプニプニしているのでローションをたっぷり塗布しましょう。
 滑りが悪くて入れにくかった
ピンクアングルは、そのままの状態だと滑りが悪いので挿入はかなり大変。無理やり入れてしまうと、すごく痛いです。
そこそこ太いので、ローションをつけずに挿入してみる勇気は私にはありませんでした(-ω-;)
コンドームをかぶせてローションをたっぷりつければ問題ないと思います。ピンクアングルとローションはセットで使いましょう!
 使っている途中で角度が変わっちゃう
私が使った時は角度が変わってしまうことはありませんでした。
あまり角度をつけすぎて使うと、使っているうちに角度が変わる可能性はあります。
水平に貼り付けて使ってもピンクアングルの重さで角度が保てなくなってしまうこともありそうです。
 カ…カビがはえてる
いくつかカビが生えちゃってた!という口コミが確認できました。
浴室のタイルの隙間とか黒カビが生えやすいところの白くてブヨブヨしている部分(伝わるかな?)に質感がそっくりなので、カビが生えてもおかしくないですね。
使用後にしっかり水洗いして、風通しの良いところで保管するのが一番ですが、ラブグッズですからね…それは難しいと思います。
私はピュアウォーターph12や清掃用の電解水で拭き取ったあと、ラップでぐるぐる巻きにして保管してます。
 吸盤が弱くて外れることがある
私が使っているときは吸盤が外れることはありませんでした。
タンスに貼り付けて立ちバック風に楽しんでみましたが、吸盤が取れてしまうこともありませんでした。むしろしっかりと吸着するので、叩いても引っ張っても大丈夫でした。
吸盤の裏側や貼り付ける面が濡れていたり、油脂で汚れていると外れてしまう場合があります。
ピンクアングルを貼り付ける面はツルツルしてて清潔な場所に使いましょう。
耐荷重テストでは4.5kgの負荷に耐えられたので、吸盤の吸着力は強いです。
 これって別のサイズないの?
残念ながらありません。「私には大きすぎた」、「もう一回り小さいのがあるといいな」こんな口コミを多く見かけました。
これには私も同感です。痛みを感じるほどではありませんでしたが、やや大きいのでもう一回り小さいサイズのものがちょうど良いですね。

ピンクアングルの上手な使い方

吸盤で貼り付けるタイプのディルドはたくさんありますが、ピンクアングルは角度調整ができる数少ないディルドの一つ。

もちろん吸盤で貼り付けなくても使用できますが、やっぱり吸盤で貼り付けて使った方がリアルな挿入感が楽しめます。

私もディルドデビューのラブグッズがピンクアングルだったので、色々試行錯誤した中でこれは気持ちいい!と思ったおすすめの使い方を紹介します。

垂直に貼り付けて上下のピストン運動

ピンクアングルを垂直に貼り付けて使うと、騎乗位のような快感があります。貼り付ける場所は床とイスがスタンダードですが、どちらに貼り付けるかによってちょっとした違いが生まれます。

ピンクアングルを床に貼り付けて使う場合

ピンクアングルを曲げた様子
自由自在に折り曲げ可能

ピンクアングルを床に貼り付けると、挿入の深さを自分で調節できます。挿入する時も床の方がやりやすかったです。

慣れないうちは足をついてしゃがむ格好でチャレンジすると上手に挿入できます。

慣れてきたらヒザ立ちになると素早くピストンしたり、腰を前後に動かすことができます。

ピンクアングルをイスに貼り付けて使う場合

ピンクアングルの挿入感に慣れたら、イスにピンクアングルを貼り付けて使ってみるのがおすすめ。

キャスターのついていないダイニングチェアーが最適です。勢いをつけるとイスがガタガタ動いて音がしてしまうので、ジュータンやラグマットの上でやるのがおすすめです。

イスにピンクアングルを貼り付けると、奥まで挿入できて突き上げられるかのような快感がありました。

角度を自分の足側に少しだけ曲げるとGスポットをこするような刺激があります。

水平に貼り付けてバックや正常位を再現

ピンクアングルの吸盤の吸着力を計測している
バネ測りで吸着力を計測

ピンクアングルを水平に貼り付けると、垂直に貼り付けるよりも快感は弱くなってしまいますが、”されてる”感じが増してオナニーに没頭できるようになります。

最初はドアに貼り付けましたが、ガタガタうるさかったのですぐに断念。

続いてタンスに貼り付けましたが、立ちバックのようなスタイルでしか楽しめません。

そこでミニテーブルやベッドの足の部分に貼り付けてみると、挿入もしやすくて動きやすい!

仰向けになって、お尻にクッションをおくと正常位のように楽しめます。
四つん這いになって挿入すればバックのように楽しむことができます。

吸盤付きディルドで正常位が再現できるとは思っていなかったので、意外な楽しみ方を発見できてディルドを使ったオナニーがちょっと楽しくなりました。

両手が空くので、スマホでTLコミックを見ながらオナニーするとバイブやローターでは楽しめない興奮と快感があります。

バイブやローター、クリ吸引グッズに慣れた私にとって、ラブグッズを使っているのに両手が空くというのは新鮮でした。

他のラブグッズと組み合わせるとかなり楽しめる

まだまだディルド歴が浅いせいか、ディルドだけでイクことは難しかったです。

気持ち良かったのですが、まだまだ感度不足で物足りなさがありました。

そこで取り出したのがOLIKA Clice(オリカクリス)

ピンクアングルで挿入感を楽しみながら、OLIKA Clice(オリカクリス)のクリ吸引やバイブを併用すると

 

sayaka
これはオナニーなのか!?

というくらい格別な快感で、セルフプレジャーの没頭感がヤバいです。

 

その反面

sayaka
わたし…快感に飢えてるなー…

と羞恥心がヤバいです。

バイブやローター、クリ吸引グッズと同時にディルド使うと、快感が本格的すぎて全身で気持ち良くなれます。

不思議とディルドに対する抵抗感が薄れていって、次からはセルフプレジャーでディルド使うことに対して全然躊躇しなくなります。

ピンクアングルを使った感想まとめ

ピンクアングルで挿入するだけだと、期待はずれと感じてしまうかもしれません。初めてディルドを使ってセルフプレジャーをする方は、こんな手順で遊ぶとディルドで感じつつ、感度磨きや騎乗位での魅惑の腰つきが習得できますよ!

ピンクアングルはまず挿入が最初の難関。

  1. コンドームとローションを使って、ゆっくり挿入をします。
  2. ピンクアングルの角度を調整して、自分なりに気持ち良いと感じるところを探します。
  3. 今度は腰の動きやピストンを工夫して、膣で感じることを意識します。
  4. 物足りなさを感じたら別のラブグッズを併用して楽しみます。

ディルドは挿入することと、ディルドで気持ち良くなることさえ知れば、嘘のようにディルドを使う前の抵抗感はなくなってしまいます。

ピンクアングルを使って一番に感じたのは、ディルドを使ったオナニーをぜひ体験して欲しいということ。

ピンクアングルの先端をつまんでいる様子
柔らかい先端部分

ただし!

やっぱり先端部がプニプニしてるとはいっても、ちょっと太めなのでピンクアングルはディルドデビューには適してない印象もあります。

長さはちょうど良かったのですが、太さはもう少し細いものの方が気軽に使えたと思うと残念です。

ピンクアングルはLCラブコスメ専売商品

ピンクアングルは、LCラブコスメが開発したディルドです。

最大の特徴はピンクアングルの名前の通り、可愛いピンクのボディに反り返りが調節できるところ!

自分好みの角度に調整して楽しめば手軽に膣内で感じることができるかも。

2019/07/12 更新

この商品に関するご質問受け付け中!
下記のコメント欄から、完全匿名でご質問頂けます。

ディルドのレビューの最新記事8件